距骨矯正とオーダーメイド矯正インソール

こんにちは

浦安くりた整骨院,院長の栗田です。

当院には様々な『足』でお悩みの方が

浦安市・市川市だけでなく,千葉県全域

東京・神奈川など様々な地域から患者様がご相談に来られます。

その理由の一つとして

以前にも増して『足』への注目が高まり

テレビや雑誌でも『足』の特集を多くみるようになりました。

足への注目が集まる中,足首の調整として

“距骨の矯正”

なんてキーワードも多くみられるようになりました。

そして,距骨の矯正といって,

手技により『ズレた距骨の位置を元に戻す』

という方法もよく見るようになりました。

距骨は足首の中でもとても重要な骨であり

その位置が正しいところに無いと

足首の動きに重大な影響があるので

とても大切な手技ではありますが

せっかく距骨の位置を元に戻しても

その状態を維持することは不可能です。

なぜならば,次の写真をご覧ください

右足首を後ろから見たものですが

踵の骨の上に位置するのが“距骨”ですが

写真のように踵の骨は衷心より外側に位置するので

足をつき体重がかかるたびに足首は内側に傾くので

歩くたびに距骨に位置はズレてしまいます。

実際の足首を見ても,足首は内側に傾き(距骨も傾き)結果的に偏平足になっています。

この状態で生活していると,下肢全体が捻じれ

スネのはりや,膝の痛み,股関節の痛み,腰痛,

姿勢不良からくる肩こりなど

様々なお身体の不調を起こします。

では,調整した距骨の良い状態を維持するためには

どうしたらよいでしょうか?

距骨の正しい位置を維持できるのが『オーダーメイド矯正インソール』

前述したように骨格の構造上,足首は内側に傾くように出来ているために

その状態を維持することは難しいです。

距骨が正しい位置にある状態を

『ニュートラルポジション』

と言います。

そこで当院ではこのニュートラルポジションを維持することが出来る

オーダーメイド矯正インソール

をおススメしております。

一般的なオーダーメイドインソールは

『トリシャム』

と言って,スポンジ状の素材を用いて

『立った状態』で足型を採ります。

 立った状態で足型を採っても

距骨がズレた状態の足型を採っているだけですので

距骨を良い位置で保つことは不可能で

その足型から作製したインソールでは効果が無い

と言えます。

     トリシャム

よって距骨を矯正し正しい位置に維持できるインソールとは

『ニュートラルポジションにできるインソール』

なのです。

そして,ニュートラルポジションに出来るインソールを作製するためには

当院で作製している,

『重力のかからない状態での石膏による足型』

が必要となります。

当院で作製するオーダーメイド矯正インソールは

距骨を最も良い位置で保つことが出来る唯一のインソールです。

トータルサポート

さまざまな足のお悩み,距骨矯正は

浦安くりた整骨院までご相談くださいね!

浦安市のくりた整骨院は

Bi-Op社オーダーメイド矯正インソール
千葉県内製作数実績No.1です!

お問合わせはこちらのお問合わせフォームをクリック

もしくはお電話にてお問合わせ下さい。

ご来院いただければ,サンプルによるインソールの試着も出来ます。

少しでもご興味頂けましたら,お気軽にご来院下さいね!

※オーダーメイド矯正インソールの作製は予約制となります

当院は平日20時まで受付しております。

(土曜の午後も受付しております(17:30まで))

土曜日の午後のみ予約制となります。

第2・4日曜は午前中診療いたしております。

℡047-314-1545
(お問い合わせは診療時間内にお願い致します)

お困りですか?

あなたのつらい症状を徹底的に分析し早期回復を目指します。浦安市のくりた整骨院・整体院は、腰痛とお身体の痛み・歪みのケアを得意としております。

腰痛110番

くりた整骨院に通院される患者様の中で一番多い症状は腰痛です。その中でも特に多い腰痛の種類は、ぎっくり腰・慢性腰痛・産後の腰痛の3つです。

交通事故にあってしまったら

まずは警察に連絡をします。加害者が処罰を恐れて届出をしない場合がありますので必ずあなたからも連絡をしましょう。

オーダーメイド矯正インソール

専門家の視点から、トラブルの原因を探し、身体のゆがみを本来の状態に整えてからインソール作製のための足型を採型いたします。

この記事を書いた人

院長

院長

くりた整骨院 院長の栗田勝彦です。浦安市立北部幼稚園・北部小学校卒業の、生まれてから40年以上ずっと浦安育ち。

父親が接骨院の院長(浦安で約50年続く”栗田接骨院”です)であるため、幼いころより父の接骨院が遊び場であり患者さんと接する父親の姿を見て育ちました。

趣味はバンド活動(ドラムを担当)・スキューバダイビング

家では、パパとして娘二人&息子と格闘中。