東京・千葉で足底筋膜炎とオーダーメイドインソール

こんにちは!千葉県浦安市の『くりた整骨院』

院長でフットマスターの栗田です。

新型コロナウィルスの影響で在宅ワークをされる方が多かった

4・5月,運動不足の解消にと

ランニングやウォーキングを始められた方も多かったようです。

急に走ったり,歩く量が多くなり,

「足の裏が痛い」

とご相談に来院される方が非常に多くなってきました。

 

この『足の裏が痛い』という症状,一般的には

足底筋膜炎と呼ばれるケースが多いです。

東京・千葉で多い,足の裏の痛み(足底筋膜炎)とは?

足の裏には,足底筋膜と呼ばれる,膜のように薄く幅広い腱が,

かかとの骨から足指の付け根まで張っています。

足の甲は弓状のアーチ型の形状をしていて体重を支えています。

このアーチを弓の弦のようにピンと張っているのが足底筋膜です。

例えるなら,弓矢の弓と弦のような関係になっていると思ってください。

足底筋膜はアーチを維持することで,歩行時などの衝撃を吸収し,

膝や腰などお身体にかかる負担をやわらげるのに重要な役割を果たしています。

しかしながら,歩くなど体重がかかるたびに足底筋膜が伸ばされると,

かかとの少し前のあたりに,強い負担がかかり,赤い矢印付近に痛みを生じるものです。

 

特徴的な症状としては

①朝起きた直後の数歩が痛い,しばらく歩いていると痛みが気にならなくなる

②ずっと座っていた直後の動き出しの数歩が痛い

③かかとの少し前の部分を押すと限局した圧痛がある

などがあります。

東京・千葉で『足底筋膜炎』になりやすい人とは?

それでは,足底筋膜炎はどんな人がなりやすいかを考えてみましょう。

先ほど申し上げたように,足底筋膜炎は,足裏に負担がかかる方になりやすいので

・立ち仕事の人,歩く機会が多い方

・ランニングやジャンプする機会が多い競技をされる方

・加齢により足底筋の筋力が低下している方

足の構造的には

足のアーチが低い偏平足や,反対に足のアーチが高い方(甲高ハイアーチの方)

『浮指』と呼ばれ,足の裏の横のアーチが崩れている結果,足趾が常に反りかえっている方

など,足のアーチに問題がある方がなりやすいです。

また,足首自体が硬かったり,

捻挫などの怪我をした後にリハビリが不十分で足首の動きが悪い方なども

足底筋に負担がかかり,足底筋膜炎になりやすいです。

整形外科で行われる足底筋膜炎の治療とは?

足底筋膜炎になってしまったら,

整形外科等の病院では,一般的に

・局所に電気をかける

・湿布,塗り薬の処方

・痛みが強い場合には局所にステロイドなどの注射を打つ

・最近では『体外衝撃波疼痛治療』という治療を

約1ヶ月に1回,計3回を目安に行われることもあります。

浦安のくりた整骨院で行う,足底筋膜炎の治療とは?

整形外科等で行われている治療法も有効な治療法と思われますが,

しばらく経つと再発してしまうケースも稀ではありません(^^;

なぜなら,痛みに対する処置としては有効ですが,

足底筋膜に負担をかけている原因を取り除かない限りは

再発する可能性が高いと思います。

 

そこで,東京・千葉で足底筋膜炎でお困りの方に対して

浦安市のくりた整骨院では大きく分けて3つの治療法をご提案します。

①下腿~足裏の筋肉を緩める(局所の治療)

局所的な治療として,痛めている足底筋膜自体を緩め

また,足裏に負担をかけている下腿の筋肉など

下肢全体の筋肉をゆるめていきます。

また,前述した,何らかの原因で足首自体の動きが悪くなっている人・硬い人には,

足関節の可動域を広げるような治療を行っていきます。

 

②お身体全体のバランスを整える

足(足底筋膜)に負担をかけている原因として,

足裏自体の問題だけではなく,お身体全体のバランスが崩れているために

結果的に足に負担をかけ,足底筋膜炎が生じていることも多いからです。

そこで,くりた整骨院では,お身体のバランスを整える

『骨盤調整』

を含めた治療をおススメしております。

施術の様子

浦安市のくりた整骨院で行っている骨盤調整について
詳しい説明はこちらをクリック「腰痛と骨盤調整」

当院で行っている骨盤調整は,軽微な力で行う療法なので

子どもからお年寄りまで受けていただいている安全な調整法です(^-^)

 

③オーダーメイド矯正インソールの作製

①と②では短期的な部分での治療法をご説明させていただきました。

しかしながら,足裏のアーチが崩れてしまっている方は

自分自身の力で元に戻すことは残念ながら不可能です。

そこで当院では,長期的な指針,再発防止のために

『オーダーメイド矯正インソール』

の作製をおススメしております。

当院のオーダーメイドインソールについての詳しい説明は
こちらをクリック『東京・千葉でオーダーメイドインソールを検討中の方,ここを比較してください! 』

当院のオーダーメイド矯正インソールは耐久性が抜群です!

日本国内だけをみても,

これまで破損により作り直しが必要となったケースは全体の0.1%未満ですので

耐久性が非常に優れています。

実際に20年間毎日使用しても問題なく現在も使用中の方がいらっしゃいます。

 

また,スニーカー用・パンプス用の2種類のみですので,

それぞれのタイプの靴に入れ替えて使用することが可能です。

スポーツの靴にインソール

あなたの靴にインソールが合う様子

オーダーメイド矯正インソールを使用することにより,

足首の歪みを矯正し,足のアーチを正しい状態になるように整えることが出来ます。

つまり,歩くたびにお身体全体の治療が行われます。

オーダーメイド矯正インソールにより,足元を整え,

足底筋膜炎の痛みを改善するだけでなく,

長期的に予防・再発防止することも出来ます。

 

その他,足底筋膜炎になりやすい方の多くが

足のサイズに合っていない靴を履いていることが多いので,

当院では,正しい靴の選び方・靴の履き方までご指導いたします。

 

足底筋膜炎でお困りの方,

これまで様々な治療を試したけれども改善されない方は

ぜひ一度,浦安市のくりた整骨院までご相談下さいね!

浦安市のくりた整骨院は
Bi-Op社オーダーメイド矯正インソール
千葉県内製作数実績No.1です!

お問合わせはこちらのお問合わせフォームをクリック

もしくはお電話にてお問合わせ下さい。

ご来院いただければ,サンプルによるインソールの試着も出来ます。

少しでもご興味頂けましたら,お気軽にご来院下さいね!

※オーダーメイド矯正インソールの作製は予約制となります

当院は平日20時まで受付しております。

(土曜の午後も受付しております(17:30まで))

土曜日の午後のみ予約優先制となります。

第2・4日曜は午前中診療いたしております。

047-314-1545
(お問い合わせは診療時間内にお願い致します)

 

お困りですか?

あなたのつらい症状を徹底的に分析し早期回復を目指します。浦安市のくりた整骨院・整体院は、腰痛とお身体の痛み・歪みのケアを得意としております。

腰痛110番

くりた整骨院に通院される患者様の中で一番多い症状は腰痛です。その中でも特に多い腰痛の種類は、ぎっくり腰・慢性腰痛・産後の腰痛の3つです。

交通事故にあってしまったら

まずは警察に連絡をします。加害者が処罰を恐れて届出をしない場合がありますので必ずあなたからも連絡をしましょう。

オーダーメイド矯正インソール

専門家の視点から、トラブルの原因を探し、身体のゆがみを本来の状態に整えてからインソール作製のための足型を採型いたします。

この記事を書いた人

院長

院長

くりた整骨院 院長の栗田勝彦です。浦安市立北部幼稚園・北部小学校卒業の、生まれてから40年以上ずっと浦安育ち。

父親が接骨院の院長(浦安で約50年続く”栗田接骨院”です)であるため、幼いころより父の接骨院が遊び場であり患者さんと接する父親の姿を見て育ちました。

趣味はバンド活動(ドラムを担当)・スキューバダイビング

家では、パパとして娘二人&息子と格闘中。