浦安市で子供の肘がはずれて(肘内障)お困りでしたら

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!千葉県浦安市の『くりた整骨院』

院長の栗田です。

さてさて,昨日の話ですが,

救急の電話で

『子供の肘がぬけたみたいなので診てほしい』

というお問合わせがありました。

 

これは,小児に多い怪我の一種で

「肘内障」と呼ばれるものです。

一般的には

”子供の肘がぬけた”と言われて来院される方が

多いようです。

浦安市で子供の怪我で多い「肘内障」の原因とは

原因としては,(親などが)手をつないでいるときに

急に子供の手を引っ張ったり

あるいは,保育園などで昼寝しているときに,変な格好になり

寝ている間に腕がねじれて,起きたときに痛がって大泣きするなどがあります

この肘内障,いわゆる大人などに起こる脱臼とは少し違って

小児は,まだ骨の発育途中で,骨の形が不十分であるために,

靭帯の一部が,帽子が脱げたようにはずれる。

あるいは,肘を被っている関節の袋(関節包)が

肘の関節に引っかかって動かなくなる。

などの原因が挙げられます

症状としては,

上肢を下垂し,動かそうとしなくなります。
(バンザイが出来なくなります)

前腕は回内した状態になり,

手のひらをかえすような動作は出来なくなります。
 

ちなみに今回のお子さんも,

来院されすぐに整復を行いましたが

帰りには痛めた手でバイバイ(@^^)/~~~

をしてくれました(*^-^*)

昨日の子は1歳児でしたが,

ぬけやすい子は小学校入学くらいまでは注意が必要です。

 

ただし,一番注意しなければならないことは

明らかに,お父さん・お母さんが手をひっぱったなど,

目の前で起きた状況を見ていれば良いのですが

親が見ていないときに肘を痛めた場合には

骨折など他の怪我をしている場合も考えられますので,

自己判断せずに,必ずご相談ください。

 

当院は平日20時まで受付しております。

(土曜の午後も受付しております(17:30まで))

第2・4日曜は午前中診療いたしております。

℡047-314-1545
(お問い合わせは診療時間内にお願い致します)

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA