2020/03/12

千葉県浦安市・市川市・船橋市・習志野市・千葉市などでオーダーメイド矯正インソールをお探しの方は

 
8つの特徴のイラスト

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!千葉県浦安市の『くりた整骨院』

院長でフットマスターの栗田です。

 

最近は「足」に対する注目度も高まり

雑誌やテレビで足についての特集,

さらには足の不調を改善させるために「オーダーメイドインソール」も

取り上げられる機会が増えてきました。

おかげさまで千葉県内浦安市だけでなく

市川市・船橋市・習志野市・千葉市や

東京都にお住いの方からも,

当院で扱う『オーダーメイド矯正インソール』についての

お問合せをいただいております。

内訳を見ると,最も多いのが”外反母趾”

最近では”足の裏のタコ””足底筋膜炎”でお悩みの方も

増えております。

また,最近の特徴としては

『これまでも様々な(既製品の)インソールを使ったけどダメだった』

という方が多くなってきました。

なぜ?既製品のインソールでは改善しにくいのか?

靴屋さんや,スポーツ用品店に行くと,

さまざまな種類の既製品のインソールが販売されています。

土踏まずが疲れやすい方・もしくは扁平足の方用には,

土踏まず部分にアーチを支える?パッドが付いているインソール

もしくは,足が安定するようにと,

かかとの部分だけ少し硬い素材で作られているインソールなど。

その種類はさまざま。

確かに既製品のインソールは手軽に購入できるという点では良いかもしれません。

しかしながら,

外反母趾や足の裏のタコ,足底筋膜炎など,

さまざまな足のトラブルと引き起こしている本当の原因は

足首の傾き(歪み)による,足の裏のアーチの崩れにあります。

写真の方のように,ふくらはぎの軸と,かかとの軸がずれて

足首が内側に傾くことにより,足の裏のアーチがくずれて

扁平足になっています。

これが様々な足の不調を起こしている原因なのです!

よって,足のトラブルを解決するためには

足首の歪みを整え,崩れた足の裏のアーチを,

その人本来の正しい位置まで戻す必要があります。

人間は100人いれば100人とも顔が違うように

足の形・足首の形状はみなさん異なります。

さらには,同じ人間であっても,左右の足の形は必ず異なります。

そのために,

既製品のインソールでは

各々が本来持っている足の裏のアーチを正しい位置にすることは不可能です。

これが,足にトラブルをお持ちの方が,これまで様々なインソールを使用しても

症状が改善されなかった理由です。

足のアーチ・足首を一番良い状態にするのがオーダーメイド矯正インソール

前述したように,外反母趾・足裏のタコ・足底筋膜炎など

さまざまな足のトラブルを改善させるためには

各々の左右それぞれの足のアーチを正しい位置まで戻し

足首の歪みを整えることが大切だと申し上げてきました。

それが出来る唯一のものが

オーダーメイド矯正インソール

です。

トータルサポート

オーダーメイド矯正インソールを使用することにより

以下の図のように,足のアーチが本来の位置に戻され

足首の傾きが無くなり真っ直ぐとなります。

インソールで矯正された様子

 

東京・千葉でオーダーメイド矯正インソールの作製には

千葉県浦安市のくりた整骨院では,インソール作製の際は

①石膏による足の採型

②フットプリント測定

③全身を含む,足などの写真撮影

④足部の細かい測定

を行うだけでなく

⑤正しい靴の選び方

⑥正しい歩き方の指導

を行っております。

この中でも,当院が作製するオーダーメイド矯正インソール

の最大の特徴である

「石膏による足型の作製」

についてご説明させて頂きます。

オーダーメイドインソールと呼ばれるものは,ほとんどの場合

『足型』を採型して,それを元にインソールを作製していきます。

時々,「フットプリント」といって,

写真のような,足のハンコみたいなものだけを採り

それを元に,『足裏のバランスをみてインソールを作製します』

と言って,「オーダーメイド」と銘打っているものもあります。

1点だけ申し上げると,

何十年とインソールを専門で作製されてきたような達人でない限り,

フットプリントだけを見て,本当に足の不調を改善できる

オーダーメイドインソールを作製することは不可能です!

利点として強いてあげるなら?値段が比較的安価?

ということではないかな?

と思います(^^;

当院が目指す「オーダーメイドインソール」とは別物ですので

今回は話を省略させていただきます。

 

もちろん当院でもフットプリントは採りますが,

インソールを作製する上での,判断材料の一つです。

(情報量は多いほど良いのです)

 

話を戻して,一般的な足型の採型方法は『トリシャム』と呼ばれる

スポンジ状の物に『立った状態』で足型を採ります。

しかしながら,外反母趾や偏平足など

足でお悩みの方の多くが,すでに述べたように

足首自体に「歪み」が生じています

もう一度ご説明すると

足首の歪みとは,写真のように,

かかとと下腿の軸がずれて,その結果,足裏のアーチが崩れている状態です。

 

よって,立った状態で足型を採っても,

足首が歪み,足裏のアーチが崩れた状態の足型を採っているにすぎません。

そこで,当院では重力のかからない状態(ベッドに寝た状態)で,

『ニュートラルポジション』と言って,

下腿の軸と踵の軸が一致し,

親指の付け根・小指の付け根・踵が水平になった状態

(足裏の3つのアーチが本来あるべき状態)

した状態で,石膏を用いて3Dの足型を採型します。

この方法により,足首・足裏のアーチが最高の状態で足型を採型することが出来ます。

この方法は高い技術力と手間が非常にかかるために一般的には行っているところは非常に少ないです。

しかしながら当院ではあえてこの方法にこだわって最高のインソールを作製していきます。

 

この方法の唯一の難点は,型取りのために,全部合わせると

1時間強のお時間が必要となります。

そのために当院ではオーダーメイド矯正インソールの作製は『予約制』

とさせて頂いております。

 

ただし,

・インソールをご検討中の方

・足の状態をみて欲しい

と言う方は,予約不要で受付時間内にご来院下さい。

他のインソールとの異なる点

他のオーダーメイドインソールと比較していただきたい点

などをご説明させて頂きます。

当院のオーダーメイド矯正インソールは”一生もの”(一生使えるもの)

ですので,十分に納得していただいた上で作製させて頂きます(^-^)

 

サンプルもございますので,ご自身の靴に入れてみていただき

お試しいただくだけでも大歓迎です(*^-^*)

 

まずは一人で悩まずに

一度ご来院いただきご相談下さいね。

当院のオーダーメイド矯正インソールは

・革靴・スニーカー用

・パンプス用

の2種類があります。

 

外反母趾・足裏のタコ・偏平足・足底筋膜炎など

さまざまな足に関するお悩みをお持ちの方は

Bi-Op社オーダーメイド矯正インソール

千葉県内製作実績No.1

浦安市のくりた整骨院までご相談下さいね!

お問い合わせはこちらの問合わせフォームをクリック

もしくはお電話にてお問合わせ下さい

℡ 047-314-1545

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA